▼当事者・家族会等
▼行政機関
▼福祉事業所
▼その他

当事者・家族会等

●NPO法人 日本脳外傷友の会

全国の「脳外傷友の会」の連合組織です。外傷性の脳損傷の後遺症を負われた当事者と家族の活動グループを支援し、高次脳機能障害の正しい知識と情報の提供。また当事者の社会復帰、社会参加の促進などを目的としています。

●高次脳機能障害者と家族の会

高次脳機能障害の社会的な理解を広め、高次脳機能障害者と家族が希望を持って生活できるような環境と福祉政策の実現を行政に訴えている家族によるグループです。様々な原因で高次脳機能障害になられ方々が入会されて会員同士で色々な悩みを語り合い、情報を交換し合っています。

●NPO法人東京高次脳機能障害協議会

様々な原因で高次脳機能障害を負った人達に対して、保健、医療又は福祉の充実を図り、生活支援と社会参加を促進するための事業を行い。並びに、行政・医療・福祉及び一般社会に対して、高次脳機能障害により理解と支援を広める事業を行なうことにより、高次脳機能障害者及びその家族の人権と尊厳を守り、安心して生活できる社会の実現に寄与することを目的としています。

●いきいき高次脳機能障害者の会東京レインボー倶楽部

身体障害者更生相談所、知的障害者更生相談所として、区市町村等への専門的な知識及び技術を必要とする相談、指導業務や医学的、心理学的、職業的判定(補装具の処方・適合判定)等を行う行政機関です。その他、身体障害者手帳、愛の手帳の発行や、東京都重度心身障害者手当の支給等を行っています。
また、中途障害者が自立した生活を送るために必要な社会的リハビリテーションを行う、身体障害者更生施設(肢体不自由)を併設しています。

●高次脳機能障害者の自主グループ「コージーズ」

高次脳機能障害を持つ人たちの自主グループ。
誰もが、役割を持ち参加できる働く場「ワーカーズ・ハウス」建設を目指しています。2000年に当事者や家族、ボランティアによって設立されました。家に閉じこもりがちな当事者たちが、外に出ていこうとしたことに始まり、地域のイベントやスポーツ大会・コンサート・講演会への参加など、楽しみながらできる活動を目指しています。足と心を前に踏み出すことで、忘れていた身体の動きや言葉を、少しずつ取り戻し、意欲が出てきます。活動を通した出会いで、多くの人たちに高次脳機能障害の理解を進めています。どなたでもご参加頂けます。

●高次脳機能障害若者の会「ハイリハ東京」

10~30歳代の高次脳機能障害者の方の集まりです。交流・情報交換と共に勉強会、定例会等の活動ニュース発行。お電話にてお問い合せ下さい。

●高次脳機能障害若者の会「メビウスのWA」

毎月第2土曜日(1月を除く)午後1時30分~5時。国分寺市ひかりプラザを中心に定例会を開催。当事者が楽しめる活動をしながら、情報交換の場、障害の啓発活動をしている。

●高次脳機能障害を考える「サークルエコー」

低酸素脳症などを原因とする高次脳機能障害者と支援する人たちのグループです。
高次脳機能障害をとりまく様々な課題の中で、特に 「日常生活にも支援の必要な人たちの問題」「低酸素脳症の後遺症と高次脳機能障害」について関心を持ち、それぞれが充実した生活を取り戻すために活動しているグループです。

●頭部外傷等による重度後遺障害者と家族の会わかば

交通事故等で遷延性意識障がい者(いわゆる植物状態)となった患者(主に若年中途障がい者)を持つ家族が、互いに励ましあい、助け合い、少しでも支えになることを願い1998年7月11日に結成しました。
ソーシャルワーカー等を含め10名程度で互いのメンタルケアを中心に活動。現在は家族会員約70家族、賛助会員約30名となりニーズも多様化し、現在はメンタルケアの他に会報の発行(2回/年)会員対象に医療、福祉、介護等の勉強会実施、厚生労働省・国土交通省等行政機関への現状の課題の訴え等も行っています。

●フォーラム 大田高次脳

高次脳機能障害者と家族が集まり、障害を抱えながらも明るく明日を生きていこうと、交流と支えあいを目的に結成されました。情報交換や親睦をはかり、当事者・家族が地域で孤立することがないよう役員会及び定例会を隔月開催すると同時に学習会を随時開催。「たまりば~」において地域交流会実施。通信発行なども行っています。

行政機関

●東京都心身障害者福祉センター

身体障害者更生相談所、知的障害者更生相談所として、区市町村等への専門的な知識及び技術を必要とする相談、指導業務や医学的、心理学的、職業的判定(補装具の処方・適合判定)等を行う行政機関です。その他、身体障害者手帳、愛の手帳の発行や、東京都重度心身障害者手当の支給等を行っています。
また、中途障害者が自立した生活を送るために必要な社会的リハビリテーションを行う、身体障害者更生施設(肢体不自由)を併設しています。

●世田谷区障害者相談支援事業

障害のある方が地域で生活していくための日常生活に関わる総合的な相談、サービス利用を支援するための関係機関との連絡調整、権利擁護のための援助等を行います。お住まいの地域にある障害者相談支援センターにご連絡ください。ケアセンターふらっとは世田谷地域(世田谷・経堂・宮坂・桜丘・桜・弦巻・若林・上馬・下馬・三軒茶屋・太子堂・野沢・三宿・池尻・駒沢1~2丁目)にお住まいの方からの窓口となっています。その他の地域はこちらをご覧下さい。

●世田谷区立総合福祉センター

福祉事業所

●高次脳機能障害者のつどい 調布ドリーム

調布市にある高次脳機能障害者の通所リハビリ施設です。施設内外での様々な活動から、リハビリテーションの原動力となる本人の主体性を引き出す活動を行っています。

●泉の家

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、利用者に対して就労の機会を提供するとともに、生産活動その他の活動の機会の提供を通じて、知識および能力の向上の為に必要な訓練その他の便宜を適切かつ効果的に行います。

●世田谷区立岡本福祉作業ホーム 玉堤分場

身体に障がいのある方々が、作業を中心に活動している身体障害者通所授産施設です。
作業j活動を中心としたプログラムで行なっています。脳機能障害、脳出血、脳梗塞、くも膜下、中途障害がある方々などに、もの作りを通して様々な機会を提供しています。活動収入は、必要経費を除き利用されている方々に工賃として支払われています。

●クラブハウスすてっぷなな

横浜市社会福祉協議会障害者支援センターの助成金により運営している障害者地域作業所です。後天性脳損傷による高次脳機能障害のある方に、地域で安心・安定した時間が過ごせるよう生活支援を行っています。作業内容は犬用のクッキー作り、印刷受託、レクリエーションなどを行っています。

●NPO法人 いきいき福祉ネットワークセンター

障害者が社会から排除されることなく市民と共生しながら社会の構成員として包み支え合い社会、経済、文化などあらゆる活動にいきいきと参加できるコミュニティを目指します。

●NPO法人 足立さくら会

家族会高次脳機能障害に特化したデイサービスを行っています。原因の年齢も様々な方々が利用されています。家族や支援者にも学べる機会を提供していきます。

その他

●NPO法人 VIVID

現代社会では誰の身にも起こりうる高次脳機能障害。障害を負っても、希望を持って新たな人生を歩むことが出来るような支援を作り出すことを、目的として設立された専門職の集まりです。障害に関する調査、研究活動、勉強会など啓発活動を行う一方、新宿区で当事者向けのミニディなども行ってます。

●NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会

広く一般の方々に、高齢者や障がい者の旅や外出に関する情報や外出の機会を積極的に支援するための人的サポートと旅を楽しめるような情報を提供しています。それをサポートする人々を育成し、より多くの人たちが外出できるような体制を作ることに努めています。また社会参加や生きがいの育成支援、社会参加のための支援の普及啓発活動なども行っています。

●脳損傷者ケアリング・コミュニティ学会

様々な原因による脳損傷で高次脳機能障害を負われた当事者と、支える家族、医療者、福祉職従事者、地域でつくる全国学会です。退院後に始まる暮らしの中で、地域で互いを思い合うケアリングの心が作り出す新たなリハビリテーションを考えます。どなたでも会員になれます。

●特定非営利活動法人 コミュニケーション・アシスト・ネットワーク

言語障害や聴覚障害を持つ方の基本的人権を擁護し、社会参加を支援する為に言語聴覚士を中心とした様々な専門家で設立されたNPO法人です。