2014年06月30日

化粧

 肩で風を切っていた毎日。デザイナーとしてあふれんばかりの才能を発揮し、引く手あまたの生活。怖いものは何もなかった。自由を謳歌し働いた糧で、イタリアを往復。毎日が晴れだった。
 Yさんをくも膜下出血が襲った。大きな病の爪痕は無残にも、歩くこと、描くことを奪い去った。当時を振りかえるようこさんは、「何が何だかわかりませんでした」と語る。
退院後は、更に脚の痛みが加わり、いつも涙をこぼしている彼女と私たちは出会った。
 そのYさんに、トンネルの出口から光が見えた。「フルメイクアップ 2950円 最新ファッションビル ヒカリエ」スタッフと広告を眺めていると「私、行きます」と呟いた。何でもトライが信条のふらっとは、車いすのYさんと、いざメイクアップへ出発。
 無論、整った顔立ちもあるが、メイクは、病前の彼女を知らない私たちも、容易にその姿を想像することができるほど、「凜とした美しさ」に仕上がった。「きれいだね」というスタッフに「化けてみました」とユーモアで返す。全身の苦しみから解放された表情は輝いていた。「ねー私、スキップがしたい!」の第一声に、スタッフは言葉を失った。どれほどの悲しみと苦しみがようこさんを縛っているか…「イタリア旅行だって、行けるよ。車いすだって大丈夫、Yさんの決心ひとつ」とスタッフが語ると、じーっと思いを巡らし暫くの沈黙の後「いいんですよね、車いすでも」と自問自答のように呟く。そして振り切ったように「私決めました…ファンキーに生きます!」と。 思いのたけを全身で伝えた後、メイクで輝いていた顔に涙が一筋流れた。
 きっと、彼女はイタリアへ行くに違いない。そして今まで以上に輝いく人生を駆け抜ける。Yさんを春風が誘っている。

kokokara_nakagawa

2014年06月25日

OB会 土曜市

 ケアセンターふらっとでは、身体障害と高次脳機能障害を負いながら新しい生活を組み立てるきっかけを探している。何をどのようにすれば…?そんな方々に、フィジカル(体力)トレーニングを基本に、様々な人や物、時間との関わりの中から、したいこと、可能性を共に模索、時に提案し新たな暮らしへの準備を1年半の有期限で提供している。「自立機能訓練事業」も開始して7年が経つ。
 今日も土曜市(自立機能訓練事業参加メンバーが地域にむけてオリジナル商品、繋がりのあるお店の品等を販売。毎月最終土曜日開催)に事業を修了した面々が集まる。
「どう?仕事」「太ったんじゃない?」「ヤバイヨ、再発」「そうなんだよ」「社食?」
「弁当350円」「質悪いんじゃないの?」「そうかなー」「そうだよ」一度は瀕死の重傷だった面々。まずお互いの身体を案じる。「ねー給料安いよ」「障害者雇用だからがまんするのかな?子どもまだ大学でさ、厳しいんだ」「そうだよなー」「どうなの?僕たちの給料が安いっていう現実は?」と鋭い質問が職員に向けられる。「今の現役メンバーで復職希望の人いるの?なんか役に立つこと教えるよ」と今度は現役メンバーを案じる。
 ついこの間まで、我が身のことで精いっぱい。職に戻れるのか、見つけられるのか、仕事がいつまで続けられるのか?不安だらけで、それでもケアセンターふらっと修了を背に、背筋をぴんと伸ばして旅立った面々。人一倍苦しい経験を経たからこそ、優しく、仲間を案じる。月に一度の土曜市は、大切なOB会になっている。働く場こそ違えども、何よりも大切な仲間に会える1日だ。

turedure

2014年06月19日

第二の自分探し

 神保さんとの出会いは、随分さかのぼる。一度目は、リハビリ病院を退院された直後、ふらっとを見学においでになった。印象的だったのは、ご本人はあまり語らず奥様主導だったこと。多くの方の退院直後はそうかもしれない。
 それから5年が経った。他の施設を利用されている中新しい出会いを自ら求め、「自立支援協議会」に当事者として参加された席が、二度目の出会いとなった。
「変わったなー」と云うのが印象だった。
 この時には、神保さんの中で何が起きたのか知る由もなかった。それから更に一年。縁あってふらっとのメンバーである。今回「第二の自分探し」という文章を頂いたことで、ここに掲載させていだたく。

* * *


 7年前の6月8日、57歳の年に脳出血を発症しました。その後遺症として左半身マヒと高次脳機能障害が複数残りました。自分としては定年退職後の予定には、脳出血の予定はなかったため、入院中に意識が戻った時に「俺の人生は終わったな」と思いました。それからは「これは夢だ!悪い夢だ!」と現実を否定する毎日でした。朝目が覚め、手・足が硬直しているのを見ると、否応なく現実を知らされるのです。そんな日々が3年ほど続きました。毎日、現実をなかなか受けいれられず、布団の中で「目が覚めたら手・足は普通に戻っているんだ。悪い夢から覚めてくれ」と心に念じるのですが、朝目が覚めて、現実を知らされるという毎日の繰り返しでした。あきらめの悪い男だなぁと感じながらも・・・。
 時が経ち、ある朝ふと気が付いたのです。「悪い夢だ。人生は終わりだ」とつぶやいていない自分が、そこにいることを!そのことに気付いたら、急に目の前のもやもやが晴れて気持ちが軽くなったような気分でした。心の中で「ひと山越えたんだなぁと。自分は変わったんだなぁ」と何度も繰り返していました。それまで、すべてに否定的だった毎日が素直に受けいれられるようになったのです。また自身の障害とも向き合うようになり、リハビリとの二人三脚が始まったのです。身体的な回復もスピードアップし、少しずつ客観的に物事を見られるようになってきました。定年退職後の予定を少し変更して、新しい人生のスタートを迎えたのでした。

* * *


 神保さんは、決して特別ではない。家族に囲まれ、多くの支援者に支えられ、力を蓄えながら、ゆっくりと動き始めることができる。《いのち》とはそんなものだと思った。

turedure_jimbo