2016年05月17日

ケアステーション連主催 スキルアップ研修のお誘い
“障害者差別解消法について”

社会福祉法人世田谷ボランティア協会
サービスラーニング学 公開研修
“障害者差別解消法について”


 「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」

 2016年4月1日から障害者差別解消法がスタートしました。この法律は、障害のある人もない人も、互いに、その人らしさを認め合いながら、共に生きる社会をつくることを目指しています。
 この法律では「不当な差別的取扱い」を禁止し、「合理的配慮の提供」を求めています。「不当な差別的取扱い」って?「合理的配慮の提供」とは?
 今回は障害者福祉のご専門である石渡先生のお話を伺いながら、基本的な考え方、生活や業務の上でどういうことが起きていくのかを一緒に考えていきたいと思います。貴重な機会であることから公開研修としました。「法律のことはちょっと」と敬遠せず、この機会に新しい知識を身につけ、日々の生活の中で生かしていきたいと思います。

講 師:
石渡和実(東洋英和女学院大学院 人間科学研究科 教授)

日 時:
2016年5月23日(月) 19:00~21:00

場 所:
ケアセンターふらっと 世田谷区下馬2-20-14 パーム下馬1F

対象者:
ヘルパー/ケアマネージャー/介護、医療や福祉に携わる方/障害のある方、その他関心のある方々

資料代: 500円

《講師プロフィール》
13_ishiwata
1981年、筑波大学大学院博士課程心身障害学専攻修了後、埼玉県障害者リハビリテーションセンターに勤務。 1987年、横浜市総合リハビリテーションセンター に移り、障害者の就労や福祉サービスの相談を担当。 1991年、関東学院大学文学部助教授を経て、東洋 英和女学院大学人間科学部教授。 専門は「障害者福祉論」。その間、「湘南ふくしネット ワーク」のオンブズマン、「横浜生活あんしんセンタ ー」「川崎市第三者委員会」などの運営および障害者・高齢者のさまざまな権利擁護活動に携わる。